肥満対策の病院に通院してダイエットにチャレンジ

肥満対策の病院は誰が通うべきか

肥満対策の病院はダイエットに今まで1度も成功した事が無かったり、健康診断で肥満と判定されて通う事を勧められる場合に通います。多くの病院は肥満外来や糖尿病外来という名称で設けられています。リバウンドが多いと痩せにくい体になっている事からストレスを溜めながらダイエットを行うのが普通ですが、肥満外来では出来る限りダイエット時のストレスを排除する方法を医師やトレーナーが教えてくれるので、成功確率が他の方法よりも高くなります。

肥満外来で栄養面や食べ方の指導を受ける

肥満外来ではまず栄養面の指導を受けるのが一般的で、主食や主菜をバランス良く食べる方法や1口あたり30回以上咀嚼する事で満腹中枢を刺激して過食防止につながるアドバイスをもらいます。汁物・副菜・主菜・主食の順番で食べると血糖値の上がり方がゆっくりになるので、太りにくく痩せやすい体を自然と手に入れられます。この食べ方をダイエット成功後に続けるとリバウンドをしにくい体になるので、毎食心掛けるようにしましょう。

運動を併用すると痩せやすくなります

食事面の改善に加えて運動面の指導を受ける事も多くの肥満外来で行いますが、ウォーキングや水泳を勧められる事がほとんどです。2つの運動は脂肪を効率的に燃やす事が出来る有酸素運動なので、栄養面改善と並行して行うと無理せずに2〜3Kgの減量が可能となります。肥満外来に通院する期間は個人差はあるものの6か月前後が通常なので、その間に引き締まった体を手に入れられる事に加えて全ての健康基準の各数値を基準値以下にする事も出来ます。

肥満外来は投薬に加えて専門スタッフとカウンセリングをする事で減量を行うので、健康を損なう事なく健全に痩せられます。

Related posts