歯並びに関しての考察

日本人の歯並びについて

日本人の歯並びは、非常に悪いとして世界でも有名です。出っ歯は日本人を象徴するものとして、西欧で描かれるほどであり日本人の歯並びの悪さは深刻であると言わざるを得ません。日本人は昔から歯を出して笑顔になる文化があまりなく、口元を手で押さえ笑う傾向にありました。そこに奥ゆかしさや謙虚さがあるとして日本人はそれを美徳としていました。しかし西欧文化が日本に流入し、笑顔になる際に口を大きく開け歯を見せて笑うことが美しいとする価値観が浸透する様になりました。

歯並びに関する意識の変化

そこで笑顔をより良いものにするように、歯並びを良くしようと考える人が多くなりました。日本人に多く見られる上顎前突症、いわゆる出っ歯を矯正しようとして矯正歯科に通う人も多くなっています。矯正歯科で治療し、出っ歯が解消されると笑顔に品性や知性を感じるようになり、まるで整形手術したかのように変貌する人も少なくありません。また噛み合わせなども非常によくなり、以前より食事を美味しく感じられたり、発声が良くなり、頭痛や肩こりも解消される人もいます。

矯正治療に関する考察

矯正治療をすれば笑顔の質だけでなく様々なメリットがもたらされるのは言うまでもありません。しかし矯正治療には気を付けなければいけない事も多々あります。それは一般的な虫歯治療とは異なり、健康保険が適応しない治療であることを認識しておかなければいけません。そのため治療費が自己負担で高額になることを心得る必要があります。しかし医師の診断書等があれば医療費控除を受けることも可能であり、医師とよく相談することが大事です。また分割払いやカード払いが可能なクリニックをあたってみることも大事です。

荻窪での歯科なら、審美治療から一般の虫歯治療まで、その人にあった治療分野の歯医者を見つけられるので、満足の行く治療ができます。

Related posts